About this Track

現行ジャズ・ファンク・シーンの最重要バンドであり、フジロックへの出演2回を含む合計7度の来日では常に極上なライヴ・パフォーマンスで毎回フロアを熱狂させる彼ら。本作は2019年発表の12作目で、その真骨頂なグルーヴィー・チューンがさらに深みを増した秀作。THE ALLMAN BROTHERS BANDのベーシストだったラマー・ウィリアムズの息子、ラマー・ウィリアムズ Jr.のヴォーカルも相性ばっちりです。


Produced by Eddie Roberts

Credits:
Eddie Roberts - Guitar
Pete Shand - Bass Guitar
Joe Tatton - Keyboards
Simon Allen - Drums
Mike Olmos - Trumpet
Jason Mingledorff - Saxophone
Lamar Williams Jr. - Vocals
Jeff Franca - Percussion Instruments

Tracking Engineer - Eddie Roberts
Color Red Studios

Mixing Engineer - Eddie Roberts
Color Red Studios

Mastering Engineer - Doug Krebs
Doug Krebs Mastering


Credography