About this Track

Freekbassは、2025の美学に目を向け、80年代初頭のダンスフロアファンクをカプセル化した「Runaway」で、彼の特徴的なファンクフォワードサウンドで戻ってきました。この最新のColor Redセッションで、Freekbass&The Bump Assemblyは、ドラムマシンやキーボードシーケンサーが世界に登場する直前に、80年代初頭のファンクのロボットサウンドをキャプチャすることを想定していました。ベースにFreekbass、ボーカルにSammi Garett、キーボードにSky White、ドラムにRico Lewisをフィーチャーしたライブバンドを利用して、計算された、しかしエネルギッシュな量子化された感触を持つ熟練したミュージシャンの演奏を聞くことができます。叙情的に、「暴走」は愛を追いかけて歌うと同時に狂信に包まれています。 Freekbassは、今後4か月間、1か月に1トラックをリリースし続け、EPに至ります。

Produced by Eddie Roberts

Credits: 
Eddie Roberts - Guitar
Freekbass - Bass Guitar
Sky White - Keyboards
Rico Lewis - Drums
Sammi Garett - Vocals

Tracking Engineer - Eddie Roberts
Color Red Studios

Mixing Engineer - Eddie Roberts
Color Red Studios

Mastering Engineer - Doug Krebs
Doug Krebs Mastering


Credography