Tetrao Urogallus

Listen


About the Artist

ドイツのハンブルクを拠点に活動し長年タッグを組んできたDennis Rux(G.)とDavid Nesselhauf(Ba.)の二人は、ファンクやソウルをルーツにした様々なプロジェクトに取り組んできました。このTetrao Urogallusでは、ヘヴィでサイケデリアなインストゥルメンタル・サウンドによる内なる衝動を追求した“プロト・メタル”を提唱しています。ファズの効いたギター、重くてタイトなドラム、低音のリフが強調されたベースが特長で、曲によっては魅惑的なホーンズも登場します。バンド名は「雷鳥」を意味し、曲のタイトルは絶滅危惧種となっている動植物が由来となっています。そしていよいよ、2021年6月には彼らのデビュー・フルアルバムがColor Redからリリースされます!

カラー・レッドからのリリース