【今週のレコメンド曲|WRD Trio / Sleep Depraved】Roy Ayers や Donald Byrd、Grant Green らの影響を湛えた現在進行形ジャズ・ファンクの究極体!?

 

WRD Trio は現在のファンクとジャズの両シーンに影響力を持つ実力者、Robert Walter (The Greyboy Allstars、Robert Walter's 20th Congress)と Eddie Roberts (The New Mastersounds)、そして Adam Deitch (Lettuce/Break Science)からなるトリオです。

音楽フェスでの共演で意気投合した彼らは2018年の夏と2019年の冬に Color Red のスタジオで数々のセッションを重ね、ハイ・レベルで展開される演奏スキルの応酬によって期待値をはるかに超えた音楽的ケミストリーを見事に創出。

70年代半ばのジャズ・ファンク・シーンを彩った Roy Ayers や Donald Byrd、Grant Green から多大な影響を受けて制作されたこのシングル曲は、なんとたった一日で Color Red のスタジオで完成させました。そのため各プレイヤーの熱量が活き活きと刻み込まれ、初期衝動の美学を存分に堪能することができます。

また、ニューオーリンズの地で聴く夜のジャズ・フェスを想起させるような、延々と聴いていたくなる秀曲です。

4月や5月などメンバーの誕生日が近いこともあり、アメリカでは来年の4月30日にアルバムがリリースされます。

 

 

こちらの曲もオススメ / JUDY

オルガン&キーボード奏者の Robert Walter が作曲を担当。Meters のファンクネスと Small Faces などのブリティッシュ・インヴェイションを融合させた独創的なスウィンギン・チューン。快活に刻まれるビートの上で楽しげにステップを踏むようなギターとオルガンの共演が心地よい。

 

 

この【今週のレコメンド曲】は、本国アメリカ/デンバーのColor Redで制作されたデキたてホヤホヤの新曲から選曲されています!

そして、これらの新曲は毎週火曜日に配信されるCOLOR RED JAPANのメール・マガジンで紹介しています。つまり、メルマガ登録さえしてしまえば、黙っていても毎週1曲高クオリティーな新曲をゲットできます!

メルマガ登録はいたって簡単です。

このHPのトップ画面にある「メールアドレスのサインアップで毎週1曲無料でお届け」のボックスにメール・アドレスを入力し「申込む」のボタンを押すだけです!

 

 

ぜひこの機会にメルマガ登録のほどよろしくお願いいたします。