【今週のレコメンド曲|LUCAS DE MULDER w/ THE NEW MASTERSOUNDS / Say Goodbye】The New Mastersounds が参加した “2020年版ディープ・ファンク”!

 

Lucas de Mulder はマドリードを拠点にしている実力派ギタリスト。

The New Mastersounds との出会いは彼のプロジェクトのひとつでもある The Mighty Vamp で活動していた2017年で、その数年後に Eddie Roberts と Soulive の Alan Evans が率いる Matador! Soul Sounds のスペイン・ツアーで再会。その夜にバーで Lucas de Mulder とジャム・セッションをした Eddie Roberts はその音楽性にひどく共感し、Color Red のスタジオへ彼を招待してレコーディングを敢行。

本作は、そこで制作された楽曲の中から3作目となるデジタル・シングルです!

また、このシングル曲含むフル・アルバム『Feel the Spirit』が Eddie Roberts のプロデュースのもと2021年初頭に発売が決定!しかも The New Mastersounds の Simon がドラム、Joe がキーボード&オルガンで参加しています!!

 

この曲は、Blue Note からリリースされた Grant Green の『Live at Club Mozambique』、The New Mastersounds の『Live in San Francisco』の両ライヴ・アルバムから影響を受けており、脈々と受け継がれるディープ・ファンクへのリスペクトを示したような楽曲です。

 

こちらの曲もオススメ / Come Out At Night

映画のワンシーンに出てくる “夜のドライヴ” をイメージして作られたサウンドトラック風なジャジー・インスト曲。The New Mastersounds の Simon(ドラム)、Allen(キーボード&オルガン)、The Nth Power の Nate Edgar(ベース)が参加。 

 

 

この【今週のレコメンド曲】は、本国アメリカ/デンバーのColor Redで制作されたデキたてホヤホヤの新曲から選曲されています!

そして、これらの新曲は毎週火曜日に配信されるCOLOR RED JAPANのメール・マガジンで紹介しています。つまり、メルマガ登録さえしてしまえば、黙っていても毎週1曲高クオリティーな新曲をゲットできます!

メルマガ登録はいたって簡単です。

このHPのトップ画面にある「メールアドレスのサインアップで毎週1曲無料でお届け」のボックスにメール・アドレスを入力し「申込む」のボタンを押すだけです!

 

 

ぜひこの機会にメルマガ登録のほどよろしくお願いいたします。